クロスコーティング

クロスコーティングとは

大阪市との共同開発にて商品化された、共同特許取得製品

部屋の場合、直接スプレーで壁・天井に噴霧するだけです。製品の場合、最終段階でコーティングするだけです。完全無機材料の製品で、安全性の高い生活環境を作ります。一度の施工で活性作用は永続的に確保されます。光があっても、光が無くても24時間持続的に活性するのが、無光触媒です。

クロスコーティングの特色

24時間効果を維持する、光に頼らない無色・無臭の無光触媒です。完全無機原料からなるリン酸チタニア化合物が、有害物質の分解や、消臭、抗菌、防カビ、防汚に効果を発揮します。通常では起り難い化学反応を起り易くするもので、有害な物質を安全な物質に分解する作用があります。

有害物質・臭・菌・カビに威力を発揮

クロスコーティングは有害物質が大好物。場所を選ばず、昼夜をとわず酸化還元作用を続け、高い消臭、抗菌、防カビ効果を発揮します。また、クロスコーティングは大気汚染の元凶である窒素酸化物、硫黄酸化物の濃度も大幅に低減することが実証され、国土交通省の新技術活用評価委員会によってNETISに登録されました。

  • 汚れの原因は2通り

    一つは汚れる面が静電気を帯びて空気中に浮遊するチリや埃を自ら吸い寄せてしまい自ら汚れてしまう場合(内壁、家具類、カーテン、カーペットなど)と、もう一つは汚れる面と汚れの元となる物質が仲良しになり、頑固に密着してしまう場合(外壁、ガラス、レンジ周辺の油汚れなど)の2通りです。

  • 汚れの対策は

    汚れ対策には2通りの方法があります。一つは、汚れる面に静電気を帯電させなければ遊離するチリや埃が吸い寄せられません。もう一つは、汚れる面と様々な汚れの元となる物質が仲良しにならないようにすれば、水や雨などで簡単に汚れを落とすことができます。

  • クロスコーティングの効果

    クロスコーティングは0.2ミクロンという薄く、強固な膜(ガラス面で鉛筆硬度8H)を形成します。この膜は高いイオン電導性を持つため静電気を寄せ付けません。また、親水性効果を兼ね備えていますので、汚れ物質が密着せず、野外では雨によってセルフクリーニング効果を発揮します。

  • 汚れ効果以外の効果

    クロスコーティングはその他に塩害防止効果も発揮します。海辺の住宅や施設、船舶に採用され実績をあげています。さらに、クロスコーティングは日本鉄道車両機材協会によって「難燃性」の認定も受けております。

お見積りはこちら
関西対応施工エリア

コートジャパンでは大阪など関西エリアを中心にフロアコーティングを行っております。水廻りにも可能!お見積り採寸無料。